n-Archives.net

起動される側のPCのWOL設定(3/3):その他の設定・確認事項

<<  <  0  1  2  3  >  >>

 



 

その他の設定

「高速スタートアップ」を無効にする。(Windows8以降)

【Windows10の場合】

「スタートメニュー」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」→「電源ボタンの動作を選択する」→「現在利用可能ではない設定を変更します」→「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをはずす →「変更の保存」

【コントロールパネルから設定する場合】

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「電源ボタンの動作を選択する」→「現在利用可能ではない設定を変更します」→「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをはずす →「変更の保存」

 

※Windowsの大型アップデートなどを適用した際に、この「高速スタートアップ」が勝手に有効になる場合がありますので、注意してください。

 

【参考】

・ Microsoft : "Wake on LAN"(WOL) behavior in Windows 8, Windows 8.1 and Windows 10       日本語(理解不能)

 

確認事項

Windowsのアップグレード時の注意

WindowsのアップグレードなどによりOS側の設定が勝手に変わっている場合があるので要確認です。特に「高速スタートアップ」の設定が変わってしまうので、Windowsアップグレードした後にWOL起動ができなくなってしまうことがよくあるので要注意。

 

PCを遠隔起動できる範囲について

Magic Packetはイーサネットのブロードキャストパケットですので、インターネットからの遠隔起動や、ルータを挟んだ別イーサネットセグメントからの遠隔起動はできません。遠隔起動が可能なのは、同一LAN(同一イーサネットセグメント)内のPCのみです。

一般的には、家庭であれば、ホームネットワーク内のPCのみ遠隔起動が可能であり、インターネットなどの外部ネットワークからは遠隔起動はできません。外部ネットワークからの遠隔起動を実現する方法もあるようですが、セキュリティの観点からお勧めしません。

 

RealtekのNICのドライバ

RealtekのNICのドライバ 9.1.401.2015 には問題があり、WOLに反応しないため、新しいバージョン(または古いバージョン)をインストールする必要がある。10.24.1208.2017、8.38.115.2015、7.46.610.2011では動作している模様。

ドライバのバージョンは、ネットワークアダプタのプロパティ画面→ドライバー から確認します。

 

<<  <  0  1  2  3  >  >>

 

【関連記事・関連コンテンツ】

 

コメントをお送りください
お名前:
コメント:
コメントの公開: