n-Archives.net

WiresharkをWindows10にインストールする方法

目次


Wiresharkとは

Wiresharkは、PCで送受信される全てのパケットをリアルタイムにキャプチャし、解析を行うためのツールです。Wiresarkを使って、パケットを指定した条件でフィルタリングするなどにより、パケットが正しく送受信できているか、また、パケットの内容が正しいかを確認することができます。

このページでは、Wiresharkのインストール方法を解説します。

 

Wiresharkのダウンロード

WiresharkのページからWiresharkをダウンロードします。OSにあったファイルを選んでダウンロードしてください。

Wiresharkダウンロードページ:https://www.wireshark.org/download.html

 

Wiresharkのインストール方法

今回は、Windows10 に、記事執筆時点の最新版 3.4.2 (Windows 64bit版)をインストールします。

 

インストーラを起動すると、最初のページが表示されますので、Next で次に進みます。

インストールするコンポーネントを選択する画面が表示されますので、ここではデフォルトの設定で、全てをインストールします。

ショートカット、アイコンの作成をするか聞いてきますので必要なところにチェックをしてください。以下の画面はデフォルト状態です。また、拡張子に既定のアプリの関連付けを行うか聞いてきますので、これはチェックしたままのほうが良いと思います。(デフォルトでチェックが付いています。)

インストールするフォルダと確認します。

Wiresharkは、ネットワークを流れるパケットをリアルタイムでキャプチャする別のライブラリパッケージを利用して動作します。そのライブラリであるNpcapまたはWinPcapを選ぶよう、画面が表示されます。Npcapは、Winpcapより、機能面、セキュリティ面を向上させた後継のツールとなりますので、ここでは、Npcap を選択します。画面の Install Npcap をチェックします。

USBの通信をキャプチャできるツールをインストールするかどうか聞いてきます。デフォルトではインストールしない設定になっており、そのままで問題ないです。USBデバイスとの通信を解析するような場合はチェックを入れてください。

Wiresharkのインストールが始まります。

途中で、Npcapのインストールが始まります。ライセンスをAgreeし次に進みます。

Npcapのインストールオプションについて聞いてきます。通常はデフォルト状態のままで問題ないです。(アクセスを管理者だけに制限したいとか、802.11 のパケットも解析するような場合は該当箇所にチェックを入れてください。)

Npcapのインストールが始まります。

Npcapのインストールが完了します。

Npcapのインストールが完了すると、Wiresharkのインストールが再開します。

そのままインストールは終了です。

 

 

 

【関連記事・関連コンテンツ】

 

コメントをお送りください
お名前:
コメント:
コメントの公開: