n-Archives.net

Visual Studio CodeをWindows10にインストールする方法

Table of Contents

Visual Studio Code 概要

Visual Studio CodeはMicrosoftが開発した無料で公開されているエディタです。リファクタリングなどのコード作成支援機能や多数の拡張機能が提供されているなど、高度な機能を持っていますが、デバッグやGitとの連携なども可能な統合開発環境となっています。本ページでは、Visual Studio CodeをWindows にインストールする手順について紹介します。

本サイトでは、PHPの開発環境としてVS Codeを利用しており、そのデバッグ環境の構築について、以下の記事でご紹介していますので、よろしければそちらもご参照ください。

参考記事:VSCodeを使ったPHPのデバッグ環境をWindows10に構築する方法(1/2)

 

インストール手順

Visual Studio Codeのホームページ https://code.visualstudio.com/ にアクセスし、画面右上の Download のメニューをクリックします。

 

自分の環境にあったインストーラをダウンロードします。Windowsについては、User Installer と System Installer の2種類がありますが、User Installer は管理者権限を必要とせず、自分のユーザ環境にのみインストールします。System Installer は、管理者権限を使い、PCのC:\Program Files 配下にインストールし、PC内のすべてのユーザが利用できるようにします。ですので、管理者権限を持っていない場合は、User Installerを選択してください。また、単にWindowsのボタンのみをクリックすると User Installerがダウンロードされますので注意してください。

ここでは、Windows の System Installer 64bit をダウンロードしてインストールすることにします。

 

ダウンロードしたインストーラを実行します。今回は System Installer ですので、最初にUACの管理者権限の確認が行われます。「PCに変更を加えてよいか?」と聞かれますので、「はい」をクリックします。その後、使用許諾書同意画面が表示されるので、同意を選択します。

 

インストール先を確認されます。特に必要なければ、デフォルトのままとします。

 

スタートメニューに表示されるVS Codeのフォルダ名を聞かれますが、これもデフォルトのままとします。

 

デスクトップアイコンや、コンテキストメニューに登録するかを聞かれます。必要な項目にチェックします。今後コマンドラインなどからも使えるようにPATHへの追加はチェックしたままの方がよさそうです。

 

準備完了の画面が表示されるので、インストールボタンをクリックしてインストールを開始します。

 

インストールが開始し、進捗が表示されます。

 

以上でインストールは完了です。

 

 

 

Related Articles

 

Submit your comment
Name:
Comment:
Submission type:



Submitted comments will be processed manually. So, please understand it will take about a day to publish your comment.