n-Archives.net

nWOL マニュアル

このドキュメントは nWOL Version 最新版のマニュアルです。

概要

Wake on LANの仕組みを利用して、LANに接続されているPCを遠隔起動するツールです。シンプルだけど使って気持ちいいツールを目指して作ってみました。

  • LAN内のPCの一覧情報の管理機能
  • LANに接続されている機器のMACアドレス、IPアドレス、ホスト名を高速で検索
  • マジックパケット送出からの経過時間を表示
  • 遠隔PCの起動状態をリアルタイムで表示
  • 遠隔PCの起動状態をタスクトレイ通知領域にリアルタイムに表示
  • 遠隔PCのIPアドレスの変化を自動的に検知し更新します。遠隔起動するPCに固定IPアドレスを割り当てる必要がありません。

 

Wake on LANによる遠隔起動には、nWOLを「起動する側」のPCにインストールする他に、「起動される側」のPCの設定も必要です。設定方法がわからないという方は、nWOLホームページの「起動される側のPCのWake on LAN設定方法」に情報をまとめていますのでご参照ください。

 

起動される側のPCのWake on LAN設定方法
http://n-archives.net/software/nwol/wol-pc-setting

 

インストール方法

  • 32bit版、64bit版それぞれのインストーラが提供されています。32bit Windowsには 32bit版インストーラを、64bit Windowsには 64bit版インストーラを使ってください。bitの異なる組み合わせではインストールできません。
  • 本ソフトの実行には .NET Framework 4.5 以上が必要です。インストールされていない場合はインストールを行ってください。
  • インストーラが使用できない方のためにZIP版も用意しています。適当なフォルダにおいて実行してください。
  • インストーラでインストールした場合、実行ファイルとドキュメントは、C:\Program Files\nWOL に置かれますのでそちらを参照してください。

 

nWOLダウンロード
http://n-archives.net/software/nwol/

 

初期設定

  • はじめてnWOLを起動すると、ホストが1つも登録されていないため、nWOL設定画面が表示されます。ホスト情報を登録してください。
  • 「ホスト名」「IPアドレス」「MACアドレス」「WOL」欄に入力し、「追加」ボタンを押すとホストが追加されます。OKボタンで反映されます。
  • IPアドレス、MACアドレスがわからない場合には、「Scan」ボタンを押してください。LANに接続されている起動中のPCのホスト名、IPアドレス、MACアドレスを自動的に調べ、一覧に登録します。

 

nWOLメイン画面

  • 登録されたホストの状態、起動中(On)/停止中(Off)が表示されます。
  • 遠隔起動を開始する時は、遠隔起動ボタン(赤い電源マークのアイコン)をクリックしてください。Magic Packetが送出され、状態表示欄に経過秒数が表示されます。
  • 設定アイコン(歯車アイコン)をクリックすると、nWOL設定画面が表示されます。
  • 稲妻アイコンの点滅はPing送信を示しています。
  • 初回起動時など、ホストが1つも登録されていない時は、nWOLメイン画面は表示されず、nWOL設定画面が表示されますので、ホストを登録してください。

 

nWOL設定画面

  • nWOLで表示するホストを登録します。
  • 「Scan」ボタンを押すと、LANに接続されている全ての起動中のホストが自動的に検索され、ホストのリストに追加されます。
  • ホストを手動で登録する場合、「ホスト名」「IPアドレス」「MACアドレス」「WOL」欄に入力し、「追加」ボタンを押します。
  • 登録したいホストが起動している状態で、「ホスト名」を入力し、「IP/MAC取得」ボタンを押すと、「IPアドレス」「MACアドレス」を自動的に調べ、それぞれの欄に値が設定されます。
  • 登録したいホストが起動している状態で、「IPアドレス」を入力し、「ホスト名/MAC取得」ボタンを押すと、「ホスト名」「MACアドレス」を自動的に調べ、それぞれの欄に値が設定されます。
  • WOL欄は、nWOLメイン画面の遠隔起動ボタンの動作を設定します。WOL欄の各設定の意味は次の通りです。YES: 遠隔起動が可能なホスト(遠隔起動ボタンが表示されます)、NO:遠隔起動できないホスト(遠隔起動ボタンは表示されません)、YES(Ignore PingOK):遠隔起動が可能なホスト(ホストがオンラインであってもマジックパケットを送出できます)
  • ホスト情報一覧からホストを選択し、「削除」ボタンで削除されます。
  • ホスト情報一覧からホストを選択し、ホスト情報を編集し、「上書」ボタンをクリックすると、ホスト情報が更新されます。
  • ホスト情報一覧からホストを選択し、「上へ」「下へ」ボタンで表示順序を変更できます。
  • 「OK」ボタンを押すことで設定が反映されます。
  • ホスト情報一覧の上で右クリックすると、ホスト情報をクリップボードにコピーすることができます。

 

【全般設定について】

  • 「タスクトレイに常駐」をチェックすると、タスクトレイにアイコンが表示されるようになります。nWOLメイン画面を閉じても、バックグラウンドで実行が継続されます。
  • 「ユーザログオン時に起動する」をチェックすると、ログオン時に自動的にnWOLが起動されます。
  • 「Ping間隔」で設定される間隔で、ホストへのPing送信が行われ、ホストの起動状態を確認します。設定できる範囲は 1~60 秒です。(ただし、遠隔起動ボタンを押下後ホストの起動を待っている間は、1秒間隔でPingが送信されます。)

 

【IPアドレス・ホスト名自動修正機能について】

  • 登録されているホストの、IPアドレス、または、ホスト名が変更されているかを自動的に調査し、変更されていた場合は、nWOLに反映します。この機能により、IPアドレスがDHCPにより自動的に割り当てられるホストなど、IPアドレスが時々変わるホストでも対応可能となります。
  • 自動修正機能の実行方法を「自動修正しない」、「IPアドレスのみ自動修正」、「IPアドレスとホスト名を自動修正」から選択できます。
  • 「今すぐ実行する」ボタンを押すと、すぐに自動修正機能が実行されます。
  • 「起動時に実行する」を有効にすると、nWOLの起動時に自動修正機能が実行されます。
  • 「定期的に実行する」を有効にすると、指定した間隔で自動修正機能が実行されます。(指定できる間隔は1~999分。)
  • この機能が実行される際には、1つのネットワークインターフェースあたり、最大254のPingが送信されます。あまり短い間隔で定期的に実行するのは避けたほうが良いかもしれません。

 

タスクトレイ表示

  • 登録されているホストのうち、一番上のホストの起動状態がアイコンの色で表示されます。ホストが起動中の場合緑アイコンになります。
  • アイコンを左クリックすると、nWOLメイン画面を表示/非表示します。
  • アイコンを右クリックすると、各種メニューを表示します。

 

機能詳細

  • 遠隔起動は、同じLANに接続されているPCのみ可能です。
  • 複数のネットワークアダプタ(仮想アダプタ含む)が存在する場合にも、ホストのIPアドレスに応じて、適切なアダプタ経由でMagic Packetを送信します。
  • 1つのネットワークアダプタに割り当てられているIPアドレスは1つであることが前提となっています。
  • Scan機能、IPアドレス・ホスト名自動修正機能では、LANに接続されている起動中ホストを能動的に検索しますが、LANのネットワークアドレスのサブネットマスクが/24~/30であること、(つまり、サブネットのホストIDが254まで)であることを前提としています。もし、それより大きいLANの場合、256を超える範囲のIPアドレスに対しては、検知できません。
  • Scan機能、IPアドレス・ホスト名自動修正機能は、①ローカルネットワークの全IPアドレス(ネットワークアドレス、ブロードキャストアドレスを除く。最大/24まで(ホストIDが1~254まで))に対してpingを送信、②ARPテーブルからMACアドレスを読み取る、という処理を行います。pingを多数送信するので、定期的に実行する場合、実行間隔をあまり短くするとネットワークに多少の負荷を与える可能性があります。

 

関連ファイル

nWOLの実行ファイル、および、ドキュメントは、C:\Program Files\nWOL に保存されます。

nWOLの設定ファイルは、C:\Users\<UserName>\AppData\Roaming\nWOL\nWOL.conf に保存されます。

 

「IP/MAC取得」が失敗する事象について

【事象】

Windows 10 1803において、「IP/MAC取得」が失敗する。

遠隔のホストを起動した状態で、そのホスト名を大文字小文字を正確に入力し、「IP/MAC取得」をしても、IPアドレス、MACアドレスが取得できず失敗することがある。

【原因】

Windows 10 1803 の dnsapi.dll のバグが原因。GetHostEntry()の動作異常。大文字小文字が正確に一致したホスト名を入力すると、GetHostEntryで、IPv4アドレスが取得できない問題があった。

【対処方法】

Windows 10 1809にアップデートしてください。

 

改版履歴

nWOL改版履歴
http://n-archives.net/software/nwol/version-history.html

 

ライセンス

  • 当サイトで公開されるソフトウェアは以下の使用条件の下で無償にて使用することができます。
  • 個人間での再配布は自由ですが、インターネットで再配布を行う場合は、当サイトへのリンクを掲載してください。
  • 再配布する場合、オリジナルのアーカイブファイルを改変しないでください。
  • このソフトウェアの使用または使用できなかったことによって生じるいかなる問題についても、著作者は責任を負いません。
  • バージョンアップや不具合に対する対応について、著作者は責任を負いません。
  • ソフトウェアの使用条件は、今後提供される新たなバージョンにおいて変更されることがあります。

 

バグ報告、要望など

バグやご要望がありましたら、nWOLのページよりご連絡ください。

nWOLのページ:http://n-archives.net/software/nwol

n-Archivesのページ:http://n-archives.net

 

コメントをお送りください
お名前:
コメント:
コメントの公開: