n-Archives.net

Wake on LANの設定方法

<<  <  0  1  2  3  >  >>

nWOLのページ



 

PCのWake on LAN設定について

Wake on LAN によるPCの遠隔起動を行うためには、「起動する側のPCの設定」、「起動される側のPCの設定」、の両方が必要となります。

起動する側のPCでは、nWOL(遠隔PC起動管理ツール)を利用することで、遠隔のPCを起動することが可能になります。インストール方法、使い方についてはnWOLのページをご覧ください。

一方、起動される側のPCの設定は、少々難易度が高いです。設定に知識が必要であったり、ハードウェアによって設定方法が異なるなどの難しさがあり、うまくいかない場合の原因解析に時間がかかることもよくあります。ここでは、主に起動される側のPCのWake on LANの設定方法について整理していきます。

このページの内容は、新たな情報を盛り込めるよう、随時更新されます。

 

起動される側のPCの設定における注意点

起動される側のPCで、Wake on LANによる遠隔起動を有効にするためには以下の設定を行う必要があります。

  1. BIOS/UEFIの設定
  2. Windows ネットワークアダプタの設定
  3. その他の設定・確認事項

3つの項目すべて設定を実施してください。どれか1つでも正しく設定できていないと遠隔起動ができません。うまくいかない場合、原因の解析に長時間を費やしてしまうことに利ますので、上記の3つの項目を全て実施できていることをご確認してください。

 

【注意点】

  • Wake on LANの設定は、PCのマザーボードのメーカー、NIC(ネットワークインターフェースカード)のコントローラチップのメーカーなどにより設定方法(設定メニュー)が異なります。各メーカーごとの情報などがインターネットで多く掲載されておりますので、そちらも参考にしてください。
  • Wake on LANの設定には、PCの知識を要するBIOS設定が必要です。BIOS設定に失敗すると、PCが起動できない状態になることもありますので、ご注意ください。
  • 本ドキュメントの内容は、個人的に情報をとりまとめているものですので、必ず設定がうまくいくことを保証するものではなく、また、情報が正しいことを保証するものではありませんので、ご了承願います。

 

参考リンク

【atmarkIT記事】

【その他】

 

コメントをお送りください
お名前:
コメント:
コメントの公開: