n-Archives.net

起動される側のPCのWake on LAN設定方法

PCのWake on LAN設定について

Wake on LANによる遠隔起動は非常に便利なのですが、起動される側のPCの設定が少々難易度が高いところが難点となっています。設定に少々知識が必要であったり、ハードウェアによって設定方法が異なるなどの難しさがあり、うまくいかない場合の原因解析に時間がかかることもよくあります。このドキュメントでは、起動される側のPCのWake on LANの設定方法について整理していきます。

 

【注意点】

  • Wake on LANの設定は、PCのマザーボードのメーカー、NIC(ネットワークインターフェースカード)のコントローラチップのメーカーなどにより設定方法(設定メニュー)が異なります。各メーカーごとの情報などがインターネットで多く掲載されておりますので、そちらも参考にしてください。
  • Wake on LANの設定には、PCの知識を要するBIOS設定が必要です。BIOS設定に失敗すると、PCが起動できない状態になることもありますので、ご注意ください。
  • 本ドキュメントの内容は、個人的に情報をとりまとめているものですので、必ず設定がうまくいくことを保証するものではなく、また、情報が正しいことを保証するものではありませんので、ご了承願います。

 

設定方法

起動される側のPCで、Wake on LANによる遠隔起動を有効にするためには以下の設定を行う必要があります。

3つの項目すべて設定を実施してください。どれか1つでもできていないと遠隔起動ができません。うまくいかない場合、原因の解析がなかなか難しく、往々にしてはまってしまいますので、上記内容を全て実施できていることをご確認ください。

 

参考リンク

【atmarkIT記事】

 

コメントをお送りください
お名前:
コメント:
コメントの公開: